気の趣くままに

アクセスカウンタ

写真は個人で自由に使ってくださって構いませんが著作権は放棄していません
トラックバック、リンク共にフリーです(サイトによっては削除します)
掲載している写真はブラウザやモニタの性能によって正確な色が再現されません。
個人的にオススメするブラウザはFirefox

zoom RSS 六華苑

<<   作成日時 : 2017/08/30 22:16   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

三重県桑名市、六華苑(ろっかえん)へ。
以前から一度行ってみたかった所です。

和と洋が合わさった建物で、国の重要文化財、そして庭園は国の名勝に指定されているそうです。
明治期の洋風建築には和館を併設することが多かったそうですが、ここの和館はかなり大きいようです。

山林王と呼ばれた二代目諸戸清六の邸宅として大正2年(1913年)に完成。
洋館部分は、鹿鳴館などの設計で有名なジョサイア・コンドルが手掛けている。

紅葉の頃もよさそうです。

画像


画像


画像


画像


画像


左奥は和館です
画像


立ち入り禁止の所が結構あります
画像


画像


画像


残念ながらこの先も立ち入り禁止
洋館と和館の境目のひとつ
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


庭園より
画像


画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
和と洋 どちらも 素晴らしいとしか
言いようがありませんが
私は 木立の間に見える 水色の洋館が
好きですね。西洋のお城みたいです。
フラバーバ
2017/08/31 09:25
フラバーバさんへ

初めて知ったときはとても異質なものに感じました。
それで一度は行ってみたかったのですが、実物は、こういう家に住んでみたいと思うものでした。
流布院
2017/08/31 22:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
六華苑 気の趣くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる